-

為替介入というのを耳にした事がありますか?日銀が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞、報道番組、グーグルなどの報道で見かけたみなさんも多いと思います。初めから外国為替市場介入(為替介入)は我が国においては、◯大臣(財務大臣)為替レートの沈着を実現させるために使う方策ということで使われています。わかりやすく言うと、極端な円高または円安になると財務大臣のお達しに従って中央銀行(日本銀行)日本円の売買をして為替の相場の安定を狙う、ということです。為替の介入とはいくつか方法があります。単独介入・・・行政機関または日銀が、東京市場の中で直接市場に参加して為替の介入を行なう。協調介入・・・銀行などが相談したうえ、各銀行などが資金を出して一緒あるいは少しずつ為替介入(外国為替市場介入)を実施していく。委託介入・・・他国の銀行などへ為替介入(外国為替平衡操作)を委任する。4.逆委託介入・・・日本銀行が海外銀行などに成り代わり為替の介入を執行する。この通り種類があります。どの為替介入(外国為替平衡操作)もその場、あるいは継続して市場に影響力を与えると思います。為替の介入の資金はやはり自国の面子をかけて行なうだけに桁外れです。円を例にしてみると、いつもは少しだけ変動している円レートがいきなり数円単位の動きをします。個人投資家の人であれば一度は経験したことがあると思うのですがここまでは問題なく含み資産(または含み損)が多い保有高を保っていたのですが、保持している持ち高が決済したとのことで情報が外為の会社からEメールが来ました・・・儲かったのかな(損益が出たのかな)?と気にしつつ決済後の状況を見ると自分が思っていたのとは逆の結果であり息を飲んだとの話がよくありました。外国為替市場介入(為替介入)が実施された場合によくある話です。このように介入が実施されることで為替市場の傾向とまったく逆の変動をすることがわかりました。加えて変動する額の大きさはものすごく大きくでかく変わるため注意が必要なのです。

Category

リンク