-

コンピュータの前に座り止まることなく上下している市場を見てしまうと、売り買いをしなくてはいけないという思いが沸き起こる人も多かったりします。しかしながら、不確かな思いつきでトレードすることだけは断じてしてはいけません。事実、外国為替相場は24時間休みなくどこかの国で為替市場が関いているし相場も常時、動いています。しかし、何回も売り買いを積んでいくと、それだけ損失を被るリスクが上がってしまいます。当然、注文の数を積む事でじょじょに勝利する確率が半々に近づくのは事実です。しかしその事は「なんだか分からない勘で取引」とは別の問題です。売買回数を積み重ねる事の意味は自ら「ここで勝負」と考え付いた勝機を得た場合の取引回数を積むという事を言っています。格段の理由がなく、のべつ幕なしエントリーをするのとは異なります。市場の駆け引きに勝利するためには自分が意識的にけじめをつけることが肝心です。「ここだ!」と思い至った為替相場の時にはいっそ所有ポジションを積み増して、徹底的に儲けを追求する。「何となく分かりにくい市場でどう上げ下げするのか思いつかないな」と感じた時は潔く諦めて保持ポジションを諦めて何もせず静観します。このぐらいのけじめがあったほうが、取引はうまくいきます。外国為替市場の名言には「休むも相場」というものがある。実に言葉どおりだと思います。為替取引とはいつでもポジションを持っていることが大切ではなく何も保持せず何もしないことも事態によっては、外国為替相場です。では、いつ休むといいのでしょうか。ひとつめは、先述した通り、これから先の外国為替相場が理解できない時です。今からどちらにいくのか決める事が出来ない時は、ヘタに動くと、自分自身で書いたシナリオとは反対の方向にマーケットが変化してしまい損失を被る事になります。そのため、こんな場合はポジションを0にして、そのまま何もしないで静観を決め込むのがいいでしょう。次に、自身の体の具合が悪いときです。コンディションと外国為替市場に影響ないと思う投資家もいますが実は案外影響します。体調がすぐれなければ相場の失敗できないところで冷静な決定をする事が出来ない場合が多くなります。気分が乗らない時は、トレードから離れてみるのも大事なことだ。

Category

リンク